乳酸菌に対して働きかけてしまう抗生物質

乳酸菌に対して働きかけてしまう抗生物質

人間は、たまに体調不良を覚える場合があります。そのような時には、多くの方々は抗生物質などに頼るかと思います。特に痛みを覚えている時などは、その物質を摂取する事も多いでしょう。医者から処方されて摂取をするパターンがほとんどだと思います。

 

乳酸菌も殺してしまう抗生物質

 

 

抗生物質は、私たちの身体に対しては良い影響もありますが、悪い影響もあります。まず前者の良い影響の方ですが、もちろん痛みが抑えられる点ですね。現に私も過去に体調不良で抗生物質を服用しましたが、お陰さまで痛みが抑えられた事があります。

 

後者の悪い影響なのですが、乳酸菌に対するものです。体の中には沢山の乳酸菌が生息していて、それが私達の身体を守ってくれているのですね。乳酸菌は腸内環境を良くしてくれていますので、とても重要な役割を果たしている事だけは確かです。

 

ところで前述の抗生物質の役割なのですが、体の中にあるものを死滅する事です。つまり有害な物質を退治してくれるのが抗生物質の効果なのですが、残念ながらその効果は乳酸菌にも及びます。ですので体内の中で活躍をしてくれている乳酸菌が、抗生物質で死滅をしてしまう事があります。

 

乳酸菌の為にも抗生物質に頼り過ぎないのが大切

 

 

体調不良を覚えたとなると、ドラッグストアで抗生物質を購入する方もいらっしゃるでしょう。現にそのお店では、体調不良を改善するための物質を多く販売しています。

 

しかしそれを服用してしまうと、上記のように体の中で頑張ってくれている乳酸菌が死んでしまう可能性もあります。ですのでその物質に頼り過ぎるのも、ちょっと考えものだと思いますね。

 

ちなみに医療機関が抗生物質を処方してくれるのは、「体内の乳酸菌は死ぬけれども、それでも抗生物質を服用させる方が大事」だと考えているからでしょう。ですのでその物質を服用する事を考えているならば、乳酸菌の事も考慮して、医療機関から処方してもらう方が良いと私は思います。
それにしても乳酸菌が抗生物質で殺されるとは、ちょっと意外ですね。

 

出典・乳酸菌で体質改善!免疫アップでインフルエンザ知らず