腹巻を用いて腸内環境の悪化を防止する

腹巻を用いて腸内環境の悪化を防止する

本日私は、コンビニのある1箇所に多くの書籍が陳列されているのを見かけました。非常に多彩な書籍が並んでいるのですが、その中の1つに腹巻に関する書籍が並んでいたのです。書籍のコーナーなのに腹巻が置いてあったので、なかなか印象的でしたね。

 

冷えてしまうと腸内環境が悪くなる理由と善玉菌

 

134108ところで私は、あの腹巻は腸内環境には良い影響を及ぼしてくれると考えます。なぜならお腹に対しては、冷えは禁物だからです。
そもそもお腹の中には、非常に多くの菌類が生息しています。良い菌類と悪い菌類が混在しているのですが、腸内環境を整える事を考えているならば、前者の菌類の力を高めるようにするのが大切ですね。

 

そして前者の菌類の力が強くなってくれれば、お腹がだんだんと善玉優勢になってくれます。悪玉菌の割合が減ってくれますので、やはり腸内環境は良くなってくれるでしょう。

 

そして前述の冷えなのですが、あまり善玉菌に対しては良い影響が無いと言われています。ですので寒い日などはちょっと善玉菌の働きが弱くなる傾向があるので、体調不良になりがちなのですね。寒い日にはお腹が下りがちになりますが、あれも善玉菌が関係しているのだと思います。

 

腹巻で腸内環境が悪くなるのを防止

 

このため最近一部の方々の間で、ちょっと腹巻が注目されているようですね。腹にそれを巻くと、もちろんお腹を温めることができます。それで善玉菌が寒さで不活発になるのを抑えることができるので、腸内環境を良くする為に腹巻を利用するのは良い選択肢だと思います。

 

現に私は、一時期腹巻をよく用いていました。あれを用いていた時期は、確かにお腹を下すような事をほとんどありませんでした。ですので本日私が見かけたあのコンビニの腹巻きを購入するのも、良い選択肢だと思いますね。